不動産業界の既卒者求人

既卒者求人トップ >> 業界別の既卒者求人 >> 不動産業界の既卒者求人

不動産業界の既卒者求人

不動産業界の仕事は大きく分けて「開発」「分譲」「管理」「賃貸」の4つに分類できます。開発とは土地の整備を行って、その利用価値を高めることです。たとえば、手も加えられておらず長年放置されていた土地の造成を行い、インフラを整備する。これが開発です。

その上に建物を建てて分譲販売を行うのが分譲です。マンションや一戸建て、商業施設など建物の種類は様々です。 管理とは建物を定期的にメンテナンス・修繕し、また清掃するなどして適切に管理することを指します。 賃貸とは建物を貸し出して、入居者から賃料を得ることを指します。

さて、不動産業界の未来についてですが、正直なところ国内の同業界の未来はあまり明るいとは言えないでしょう。現在は日本でも「100年住める家」といったような、長く住める建物が作られるようになってきています。長く住めるということはそれだけ建て替えが少なくなるということであり、住宅着工戸数はどんどん減っていきます。着工数が減れば業界全体がしぼんでいきます。ましてやこれから日本は超高齢化社会を迎え、人口も世界に例を見ないスピードで減っていきます。人が減れば当然建物に対する需要も減っていきます。そんなわけで残念ながら、日本の不動産業界は明るいとは言えないでしょう。

そのため、大手不動産会社などは日本ではなく海外に目を向け始めています。たとえばテレビCMでもおなじみの大和ハウスは中国進出のために200億円以上の投資をしています。中国は日本と比べて不動産に対する需要が旺盛なため、こうした投資も現時点では成功しているようです。

以上のことからもわかるように、これからの不動産業界では海外に目を向けることが求められます。不動産業界で働きたいというのならば、海外に対する知識を十分につけておくようにしましょう。特にぜひ身につけておきたいスキルが英語です。海外に言った経験は必ずしも必要ではありませんが、既卒ならば時間もあるでしょうしTOEICなどは受けておいた方がいいでしょう。

また、不動産業界では業界研究も大事になってきます。最近、不動産業界ではスマートハウスへの関心が高まっています。スマートハウスとはITによる最適管理を行った住宅です。東日本大震災の発生以降、特にこうした住宅へのニーズは増えています。逆に以前は人気のあったオール電化住宅は、電気が止まった際のリスクが大きすぎると皆が気が付いたことから人気が下がっています。こうした業界の流れを知っておくことも、就職活動では大事です。

既卒者の社会人スタートは下記の4サイトから!

  サービス名 利用料金 転職エリア 既卒者から
の人気
詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細



TOP

業界別の既卒者求人

既卒者の職探しのFAQ

地域別の既卒求人

職種別の既卒者求人


Copyright (C) 2014 - 2018 既卒者求人ガイド【※既卒の採用情報特集】 All Rights Reserved.