医療・介護業界の既卒者求人

既卒者求人トップ >> 業界別の既卒者求人 >> 医療・介護業界の既卒者求人

医療・介護業界の既卒者求人

日本は世界に類を見ないペースで少子高齢化が進んでいます。その進行に伴って、医療や介護が果たす役割というのも増えてきています。

となれば、当然医療や介護に対するニーズも増えて、業界全体の安定的な成長が見込めるはず……かと思いきや、現実はそうではありません。たしかに、医療・介護業界は常に求人を転職サイト上などに題しているところが多いです。これを見れば確かに医療・介護に対するニーズは増えていることがわかります。

しかし、その一方で医療・介護業界は離職率も慢性的に高い状態が続いています。要するにたくさん人を雇ってはたくさん人が辞めていき、その辞めた人の穴を埋めるためにまたたくさん人を雇い……というたあちごっこのような状態が続いているわけです。

とはいえ、最近はそうした状況も多少改善されつつあります。厚生労働省は介護労働環境向上奨励金という制度を現在取っています。これは介護労働者の身体的な負担の軽減や給与の向上などをお勧めた事業主のための助成金です。介護の現場の労働条件を向上させることは短期的に見れば経営者にとっては損かもしれませんが、長く務めてくれる人が増えるため長期的に見ればお得なのです。最近は経営者もそのことに気が付き始めたため、このような制度を利用して労働環境の向上に努めています。医療・介護業界に飛び込むなら、今がチャンスかもしれません。

さて、ここからは、既卒者の医療・介護業界への就職活動のやり方について説明します。医療業界で働く人間はエキスパート集団なので、まずなによりも資格が求められます。看護師や医師の資格を持っていれば、既卒新卒関係なく採用してくれるところは採用してくれます。既卒者がいまさら医師や看護師になるのはほぼ無理なので、そういった場合には医療事務などの比較的簡単にとれる資格を取得するといいでしょう。

一方、介護業界の場合は人員不足のためか未経験でも比較的採用されるケースは多いようです。ただしやはり資格があった方が有利なことには変わりありません。特に就職に持っていると有利だといわれているのが介護初任者研修と、介護実務者研修、それとケアマネージャー。これらの資格は持っているだけで有利です。しかもとるのもそれほど難しくはないため、時間対効果で見てもお得な資格といえます。

医療・介護業界は慢性的な人手不足が続いています。みなさんも医療業界で働き、人手不足の救世主となってみませんか?

既卒者の社会人スタートは下記の4サイトから!

  サービス名 利用料金 転職エリア 既卒者から
の人気
詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細



TOP

業界別の既卒者求人

既卒者の職探しのFAQ

地域別の既卒求人

職種別の既卒者求人


Copyright (C) 2014 - 2018 既卒者求人ガイド【※既卒の採用情報特集】 All Rights Reserved.