マスコミ・広告の既卒者求人

既卒者求人トップ >> 業界別の既卒者求人 >> マスコミ・広告の既卒者求人

マスコミ・広告の既卒者求人

なんだかんだ言われつつもやはり就活生からの人気は高いマスコミ・広告業界。この業界は「出版」「広告」「放送」「新聞」などに分類することができます。環境によって業務内容は様々です。編集やコピーライターなどのいかにもマスコミ業界っぽい仕事もあれば、経理や営業、総務など他の会社にもあるような仕事もあります。マスコミ・広告業界はこのように、多種多様な人材から成り立っています。

マスコミ・広告業界で働くメリットについてですが、一番のメリットはやはり稼ぎがいいことでしょう。新聞社やテレビ局、広告代理店などは平均年収ランキングでも毎年のようにトップを独占しています。

なんだかんだいっても、仕事をするうえで一番大事なのはお給料です。稼ぎがいいところに就職したいというのはごく自然な考え方であり、恥じることはありません(それを面接でいうのはどうかと思いますが)。

もう一つのメリットは自分の意思や考えを外部に向けて発表できるということ。自分の考えを影響力が大きいメディアに乗せて発進できるというのは、マスコミ・広告業界ならではです。ただし、ニッチなニーズを満たすための本づくりを中心に行っている出版社や、全国的に話題とならないローカルTV局など、世間的に有名とはいいがたいもたくさんあります。

一方でデメリットは離職率の高さです。特に制作現場はスケジュールがきつく、休日出勤は当たり前といった環境です。それに見合った大家はきちんと払われていますので好きでやっている人には問題ないのでしょうが、ただ華やかそうだからという理由だけで入ってしまうと後で痛い目を見ます。

さて、既卒者のマスコミ・広告業界への就職についてです。マスコミ・広告業界というのは割と既卒者に対しても寛容であり、既卒であるということ自体がハンデとなることはあまりありません。ただ、卒業後何もせずぶらぶらしているだけでは、相手の心証はよくなりません。卒業後は、人に話せるようなエピソードを何か作っておきましょう。このエピソードはずば抜けて珍しいものである必要はありません。バイトや派遣で働いた話などでも十分です。大事なのはエピソードの大きさでなく、そこから何を学んだかです。

バイトや派遣で働くうちに、あるいはその他既卒で経験したことから、何を学びどんなふうに生かしていきたいと思っているのか、自分の言葉で相手に伝えられるようにしておいてください。

既卒者の社会人スタートは下記の4サイトから!

  サービス名 利用料金 転職エリア 既卒者から
の人気
詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細



TOP

業界別の既卒者求人

既卒者の職探しのFAQ

地域別の既卒求人

職種別の既卒者求人


Copyright (C) 2014 - 2018 既卒者求人ガイド【※既卒の採用情報特集】 All Rights Reserved.