金融・保険業界の既卒者求人

既卒者求人トップ >> 業界別の既卒者求人 >> 金融・保険業界の既卒者求人

金融・保険業界の既卒者求人

現在、金融・保険業界は少子高齢化の影響を受けて、その内情が変化しつつあります。少子高齢化というのは、金融・保険業界にかかわらず多くの業界にとって頭痛の種ですが、一方でそこに大きなビジネスチャンスが隠されています。

まずは保険業界についてです。少子高齢化が進むことによって、皆がとりあえず長生きできるようになりました。しかし、長生きには病気介護など、様々なリスクが伴います。ただ長生きしたことを喜ぶような時代ではもうないのです。

日本には国民健康保険制度などがありますが、この制度もいつまあで続くかわかりません。そのため、民間の保険会社や金融が果たす役割はさらに大きくなってきています。果たす役割が大きくなれば、その分ニーズも増え、業界全体が成長していきます。保険業界はこの新たなニーズにこたえることができるのか、注目していきたいところですね。

一方、金融業界は銀行や証券を中心に堅調な成長が続いています。証券会社もほぼリーマンショック前の水準まで行服を解析しており、就職には今が絶好のチャンスと言えるでしょう。

さて、金融業界・保険業界への既卒者の就職についてです。金融業界や保険業界というのは、ほかの業界と比べてドライで実力主義な面が強いです。そのため、新卒だろうが既卒だろうが経験者だろうが優秀だと判断された人材は採用されますし、そうでなければ採用されません。

ある意味ハードな世界ですが、既卒にも分け隔てなく採用活動を行ってくれるというのは既卒者にとってはありがたい話です。実力社会であるので、面接の際には自らの実力をアピールするといいでしょう。実力をアピールするには、平凡ではありますがバイトの話がベターです。そこでは「どのように努力したか」ではなく、「どのように結果を出したか」の話をしてください。この業界が求めているのは努力する人間ではなく結果を出す人間です。

業界研究もしっかりと行いましょう。業界研究のポイントは「狭く深く」です。興味がもてない企業については無視してしまっても構いません。既卒者はここを勘違いして、とにかく手広く構えてしまうことがいいようですが、一つの企業をとにかく根掘り葉掘り調べるという経験を積めば、次の企業の研究に移るときスムーズに移行できます。特にこの金融・保険業界は一見どこも似たような商品を扱っていて、浅い業界研究だけではその差が理解できないことが多いです。最初は時間がかかってもいいので、しっかりと研究を行いましょう。

既卒者の社会人スタートは下記の4サイトから!

  サービス名 利用料金 転職エリア 既卒者から
の人気
詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細



TOP

業界別の既卒者求人

既卒者の職探しのFAQ

地域別の既卒求人

職種別の既卒者求人


Copyright (C) 2014 - 2018 既卒者求人ガイド【※既卒の採用情報特集】 All Rights Reserved.