エネルギー業界の既卒者求人

既卒者求人トップ >> 業界別の既卒者求人 >> エネルギー業界の既卒者求人

エネルギー業界の既卒者求人

エネルギー業界とは、電気・ガス・石油の3つに分類されます。 まずは電力。電力業界では、東日本第一原子力発電所事故が発生して以降、原子力に代わる新たなエネルギーに注目が集まっています。初期投資はかかるものの長く行えば安定的な収入源になる太陽光発電、やや不安定ながら大きなポテンシャルを秘めている風力発電、火山が多い日本で向いているといわれている地熱発電……。

また、最近は電力業界を取り巻く環境も変化しています。競争が発生しない環境にメスを入れるべく、電力の自由化も進み始めています。 そのほか、ガスについてもアメリカでシェールガス革命が起きるなど、環境は日々刻々と変化しています。

エネルギー業界は一般的に安定的で絶対的な収益基盤があるため、安定して高い給料が出る優良企業といわれることが多いです。不景気でも安定して高い給料が支払われるため、落ち着いて腰を据えて働くことができます。

競争相手が少ないのも特徴です。特に電力会社はほとんど競争がありません。最近は新電力などがちらほらと出てきてはいますが、まだまだ小規模なものであり、もうしばらくは左うちわでいられそうです。

エネルギー業界の魅力はなんといっても安定していて激務でないこと。競争が少ないため皆がつがつしておらず、定時に帰れることも多いのだとか。それでいて安定した収益基盤のおかげで十分な報酬が支払われるため、転職先としての人気はかなりのものです。

さて、既卒のエネルギー業界への就職についてです。エネルギー業界では適性検査で英語の問題が出されたり、あるいは面接で簡単な英語を求められることがあります。特にガス業界は英語は重要となっていますので、よく勉強しておきましょう。TOEICなどの受験しておくといいアピールになるかもしれません。 また、エネルギー業界の就職試験では面接のほかに論文試験を課されることもあります。論文を書くにあたっては業界に対する知識が必ず必要となってきますので、よく勉強しておきましょう。文字数はそれほど多くなく、1時間で1500文字ぐらいかければまず大丈夫です。

面接で聞かれることは他の職種と大差ありません。志望動機、学生時代の経験、卒業後何をしていたのかなど……。卒業後に何か特別な経験をしている必要ないですが、何もしていなかったというのはちょっとまずいです。人に堂々と語れることなら何でもいいので、とりあえず何かをやっておきましょう。

既卒者の社会人スタートは下記の4サイトから!

  サービス名 利用料金 転職エリア 既卒者から
の人気
詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細



TOP

業界別の既卒者求人

既卒者の職探しのFAQ

地域別の既卒求人

職種別の既卒者求人


Copyright (C) 2014 - 2018 既卒者求人ガイド【※既卒の採用情報特集】 All Rights Reserved.