教育業界の既卒者求人

既卒者求人トップ >> 業界別の既卒者求人 >> 教育業界の既卒者求人

教育業界の既卒者求人

学習塾、予備校などの教育業界は現在転換期を迎えています。いわゆるゆとり教育が終了し、短期的に見れば顧客数は増加していますが、子供の絶対数が減っていますので、中長期的に見ればあまり未来の明るい業界とは言えないかもしれません。

2010年度の教育産業の市場規模は約2兆4300億円。長期的には徐々にこの市場規模は少子化により、小さくなっていくものと思われます。今後は学習塾や予備校の統廃合が進み、業界の状勢も大きく様変わりするかもしれません。

一方で幼少期・学童期の教育の重要性は以前から叫ばれています。最近は少子化になった分子供一人にかけられる教育費用は潤沢になっている家庭も多いそうです。こうした潤沢な資金を持つ家庭からいかにニーズを引き出すかが、今後教育産業界で生き残って行くためのカギとなるでしょう。

さて、教育業界への既卒者の就職についてです。教育業界への就職にあたっては、まずは当然業界研究が必要になります。教育業界のトレンドというのは刻々と変化しています。昨日まで常識だと思われいたことが、今日急に過去の遺物になることなどままあります。 そうした激流の時代についていける人材を、教育業界は求めています。自分が教育業界の流れにしっかりとついていける人間なのか、よく考えてみましょう。

また、教育は人と人とのやり取りですから、当然人柄も問われます。特に既卒者は新卒で就職した人と比べるとすでにキャリアで後れを取っているのですから、余計に人柄が問われます。といっても、人柄というあいまいな言葉だけではどんな人間を業界が求めているのか理解できないという方も多いことでしょう。

人柄というのは言い換えれば「情熱」「やる気」です。なんだかこうかくと安っぽい言葉にも聞こえますが、こと教育業界においてはこの点は重視されます。教育分野では他人にやる気を出させる能力は必須です。そして他人にやる気を出させるためには、まずは自分にやる気があることをしっかりと見せつけなければなりません。やる気、熱意、意気込みをしっかりと論理立てて話せるようにしておきましょう。 とはいっても、なにも聖人君子である必要はありません。人間は間違いを犯す生き物ですからね。それよりも一度や二度の間違いでめげないような、ある種の打たれ強さを兼ね備えるようにしましょう。

打たれ強さと熱意に自信があるという方は、ぜひ教育業界を目指してください。あなたの熱意が明日の日本を変えるかもしれません。

既卒者の社会人スタートは下記の4サイトから!

  サービス名 利用料金 転職エリア 既卒者から
の人気
詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細



TOP

業界別の既卒者求人

既卒者の職探しのFAQ

地域別の既卒求人

職種別の既卒者求人


Copyright (C) 2014 - 2018 既卒者求人ガイド【※既卒の採用情報特集】 All Rights Reserved.