外食業界の既卒者求人

既卒者求人トップ >> 業界別の既卒者求人 >> 外食業界の既卒者求人

外食業界の既卒者求人

ファーストフード、レストラン、居酒屋、チェーン店のラーメンショップなど、我々の生活に深く根ざしている外食業界。外sh工業会はブラックであるイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれません。その認識はある程度正しく、ある程度は間違っています。

外食業界というのは基本的に景気や天候の影響を非常に受けやすい、需要が不安定な業種です。天気が悪いから今日は家で食べようとなれば当然その日の需要は減りますし、不況になったら真っ先に毎日の昼食代が削られます。ましてや(このところ多少ましにはなってきた感があるとはいえ)日本はずっと不況続きです。不況が続けば外食産業は儲からなくなります。儲からなくなると値下げをすることになります。値段が下がれば客足は多少戻りますが、その分店の利益は少なくなります。店の利益が減ればそこで働く従業員の給料が減ります。従業員の利益が減れば当然従業員は外食に使えるお金が減り、外食産業はますます儲からなくなります。

この負のスパイラルが長きにわたってはびこっていたため、多くの人は外食業界に対して「薄利多売で稼ぎの悪い仕事」という印象を持っているのだと思います。

しかし、外食産業にはまた違った一面もあります。高級料亭や回らない寿司屋の仕事は、こうした薄利多売の商売とは対照的な「多利薄売」なものです。客数が少ない代わりに客単価を上げて利益を出しているため、基本的には仕事もそれほど忙しくはありません。その代わりにお客さんに1万2万払ってもまた来たいと思わせるようなサービスを提供し続けなければ、客足はすぐに離れて行ってしまいます。

このように外食産業と一口に言っても、その業態は様々です。一概に外食産業が薄利多売のブラック職場ではないということを、ご理解いただければと思います。

さて、外食産業への就職についてです。外食産業は基本的に離職率が高いため、就職するだけならば他の業界と比べるとハードルは低めです。しかし、就職後にすぐにやめては意味がありません。就職後も本当に長く働き続けられる職場なのか、就職前に見極める必要があります。

そして長く働き続けられる職場なのかを見極めるには、求人をよく読み込むことが大事です。ブラック企業の特徴の一つに「新卒大量採用、既卒通年採用」が挙げられます。こうした職場はどんどん人が離れていくため、常に求人を出しているのです。逆に求人がそれほど多くない職場はもともと人手不足を起こしていない、余裕のある職場であることが多いです。

既卒者の社会人スタートは下記の4サイトから!

  サービス名 利用料金 転職エリア 既卒者から
の人気
詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細



TOP

業界別の既卒者求人

既卒者の職探しのFAQ

地域別の既卒求人

職種別の既卒者求人


Copyright (C) 2014 - 2018 既卒者求人ガイド【※既卒の採用情報特集】 All Rights Reserved.