既卒者のトライアル雇用とは?

既卒者求人トップ >> 既卒者の職探しのFAQ >> 既卒者のトライアル雇用とは?

既卒者のトライアル雇用とは?

就職事情が難しくなっているという日本の状況に対応するために、既卒者を支援するいくつもの制度が生まれています。その1つがトライアル雇用というものです。これは、企業側が試しに既卒者を数ヶ月雇って、その間に技術の向上を促すとともに、正社員として雇用する資質や能力を持っているかどうかを評価するためのものです。この制度は、企業側にしても既卒者側にしてもメリットがあるものですので、理解を深めて是非とも活用したいものです。

企業側としては、短い期間だけ雇うことでいろいろな人材を見ることができて、企業が求める資質や能力を持っている既卒者を選んで雇用できるというメリットがあります。この制度においては、トライアル雇用期間が過ぎたあと、要件を満たせば社員として雇用するという条件がありますが、要件を満たす人材だけを雇用することができて、実際のどのように現場で働くかを確認して、仕事への姿勢や生産性などを評価できるので、効率よく優秀な人材を探せるという利点を持っています。一方、既卒者としてもトライアル雇用にはメリットがあります。まず、実際に業務内容を体験できますので、自分に合っているかどうかを身をもって体験することができます。

就職してから自分の思っていたような仕事場とは違う、ということが少なからずあるものですので、事前にお試しができるのは大変助かります。また、トライアル雇用は、正社員への雇用という道が前に開かれています。トライアル期間中にしっかりと仕事を行い、採用担当者の目に留まるような仕事ぶりを続ければ、その後就職することができるようになります。この期間を大事にして、社員登用のチャンスをものにしたいものですね。

この既卒者向けのトライアル雇用はこれからも増えていくとみられています。というのも、この制度は、ハローワークが積極的に推進しているもので、この制度を適用した企業には奨励金が下りることになっているからです。認知度が上がれば、さらに多くの企業が活用するようになるでしょう。この制度においては、3年以内の既卒者を対象としています。それ以上の期間既卒者としていると、条件が厳しくなりますので、できるだけ早くトライアル雇用の機会を活用しなければなりません。トライアル雇用に限らず、期間が経過するほど既卒者の就職事情は厳しくなりますので、できるだけ早い対応をするようにしましょう。まずは、トライアル雇用を実施している企業を求人サイトなどで確認することから始めましょう。

既卒者の社会人スタートは下記の4サイトから!

  サービス名 利用料金 転職エリア 既卒者から
の人気
詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細



TOP

業界別の既卒者求人

既卒者の職探しのFAQ

地域別の既卒求人

職種別の既卒者求人


Copyright (C) 2014 - 2018 既卒者求人ガイド【※既卒の採用情報特集】 All Rights Reserved.