既卒者の夏採用の現状は?

既卒者求人トップ >> 既卒者の職探しのFAQ >> 既卒者の夏採用の現状は?

既卒者の夏採用の現状は?

以前から日本の新卒一括採用が既卒者を量産していると、見識者からも指摘されてきました。日本では海外とは異なり大学に在学中にかなり早い時期から就職活動がスタートし、採用基準も出身大学のみで判断され人物本位ではありません。さらに企業の情報が少なく内定後の仕事の詳細や、雇用条件も曖昧なことが日本の新卒採用の特徴だと言えます。この新卒一括採用の原型の歴史は古く明治時代に誕生し、戦後の高度成長を果たしバブル経済に突入した頃に今のスタイルが確立されました。

終身雇用や年功序列など日本独自の雇用制度と共に、日本の戦後の経済成長を支える安定した労働力の確保に大きく貢献してきました。当時は大学や大学生の人数そのものがまだ少なく、企業側も人材を育成する余裕がありました。しかし戦後のいい物を大量生産すれば商品が売れた時代は終わり、世界の経済がグローバル化し日本もその影響を受け始めました。そのためバブル経済の崩壊後は多くの企業が新卒採用を控え、大勢の学生が就職できずに就職氷河期と呼ばれました。

新卒一括採用の弊害は在学中に就職できないと、自分だけで就職活動を行ってもなかなか就職できないことです。これがいわゆる既卒者で大学や大学生が増え、世の中も変化しているなか新卒一括採用の見直しが叫ばれています。これは学生だけの問題でなく企業側も多額な費用を掛けて採用しても優秀な人材が獲得できなかったり、第二新卒と呼ばれるせっかく採用しても入社から数年で離職してしまう結果となっています。

そのためには一部の企業では新卒一括採用を見直す動きがありその一つが既卒者の夏採用で、このサイトに掲載されているリクルートエージェントやマイナビエージェントなどの就職エージェントでも既卒者の夏採用の求人が存在します。まだ求人数は多くありませんがグローバル化が進む中で、日本の採用制度も世界標準になる必要があります。それに気付き始めた経営者が新卒一括採用と言う、既成概念から脱却しようとしています。

企業側もこれまでのように早い時期から大学生の取り込みをしないと、良い人材を他社に採られてしまうという概念を捨てるべきです。もしまだ就職先が決まっていない既卒者の方はこのサイトに掲載されている就職エージェントに登録して、就職エージェントの担当者に気軽に相談してみてはいかがでしょうか。担当者がきっとあなたが希望するような、企業の求人を紹介してくれます。

既卒者の社会人スタートは下記の4サイトから!

  サービス名 利用料金 転職エリア 既卒者から
の人気
詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細



TOP

業界別の既卒者求人

既卒者の職探しのFAQ

地域別の既卒求人

職種別の既卒者求人


Copyright (C) 2014 - 2018 既卒者求人ガイド【※既卒の採用情報特集】 All Rights Reserved.