既卒者募集は中小企業が多い?

既卒者求人トップ >> 既卒者の職探しのFAQ >> 既卒者募集は中小企業が多い?

既卒者募集は中小企業が多い?

大企業と中小企業の二つから内定をもらったら、多くの人は大企業に気持ちが流れることでしょう。大企業の方が一般的に福利厚生もいいですし、何より箔が付きますからね。しかし、最近は既卒者採用を積極的に行う中小企業も増えているそうです。

たとえば、独立行政法人 労働政策研究・研修機構によれば、中小規模の飲食宿泊業や医療福祉教育業においては、特に既卒者を採用する傾向が強いようです。大企業が新卒採用枠において申し訳程度に就業経験のない既卒者を採用して新卒と同じように教育を行うのに対して、中小企業は新卒がそもそも来てくれないので既卒者を採用する傾向にあるようです。つまり中小企業にとって既卒者は「必要な人材」というわけですね。

このことから考えると、中小企業は既卒者にとってねらい目ともいえます。大企業というのは一見革新的に見えても内実は保守的な場合も多いですし、年功序列や旧態依然とした慣習も多く残っています。一方、中小企業では年功序列が崩れ始めてきており、既卒者でも居心地の悪さを感じずに働く環境が整えられています。

いつまでも大企業にとらわれている暇があったら、さっさと将来有望な中小企業への就職を考えたほうがいいでしょう。そもそも日本の企業の99%は中小企業であり、最初から大企業に入れる人などほんの一握りの人間だけです。それでも大企業に就職したいというのならば、中小で経験を積んでキャリア採用枠で入社するという手もあります。大事なのは会社の知名度といった表面上の要素ではなく、自分がどれくらいステップアップできるか、言い換えれば「その企業がどれほど自分にとって利用する価値があるか」です。組織というのは個人のためにあるのですから、思いっきり使い倒してやりましょう。

また、同じ既卒者採用でも「中途採用」として既卒者を受け入れている企業もあれば、「新卒採用」として既卒者を受け入れるケースもあるようです。前者では未経験の若者から経験者の若者までを幅広く募るのに対して、後者は新卒と既卒を明確に区別しないケースが多いようです。

そのため、前者ではどうしても経験者の若者が優先的に雇い入れられるようです。ここに職歴なしの既卒者が入り込むのは、かなり難しいといえます。

一方、後者は既卒者と新卒者の区別をせず、長期的に育成するビジョンを持っているため、既卒者でもハンデを感じることなく就職活動ができます。職歴なしの既卒者が就職を考えるのでしたら、後者のような採用活動を行っている企業を探すといいでしょう。

既卒者の社会人スタートは下記の4サイトから!

  サービス名 利用料金 転職エリア 既卒者から
の人気
詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細



TOP

業界別の既卒者求人

既卒者の職探しのFAQ

地域別の既卒求人

職種別の既卒者求人


Copyright (C) 2014 - 2018 既卒者求人ガイド【※既卒の採用情報特集】 All Rights Reserved.