既卒者の履歴書のコツは?

既卒者求人トップ >> 既卒者の職探しのFAQ >> 既卒者の履歴書のコツは?

既卒者の履歴書のコツは?

既卒者とは中学校・高学校・大学を卒業しても、就職できないでいる若者のことですが明確な定義はありません。厚生労働省によれば既卒者の人数は3万を超えていると言われていますが、日本の雇用の制度では新卒一括採用が主流なのでいったん既卒者になれば就職活動は困難を極めます。日本の新卒一括採用の弊害は既卒者だけでなく、多くの第二新卒を誕生させていて、厚生労働省でもハローワークなどを通じて就職支援が行われています。既卒者の殆どが学生の時は学校を卒業するまでには、どこかの企業から内定があのではという甘えがあるのも事実です。

新卒と比較しても既卒者の就職はとても不利で学校も在学生の就職支援は熱心に行いますが、既卒者になれば基本的には自分で就職活動を行うしかありません。ハローワークに毎日のように通ってもなかなか思うような求人が見つからずに、就職先を探すまでは親に生活費を頼る既卒者も多く、親にとっても経済面での負担は図りしてません。ただANAのように既卒者を積極的に採用する企業も出てきていて、ANAでは既卒者を対象に2014年度入社の客室乗務員の募集を発表しました。ANAでは国際線の路線拡大に対応するために、2013年8月に2014年度から入社予定の既卒者も正社員として採用すると発表しました。

このサイトに掲載されているリクルートエージェントやマイナビエージェントなどの、就職エージェントにも既卒者が応募できる求人が多数あります。ハローワークと違って就職エージェントには大手企業やベンチャー企業などの求人案件も多く、就職エージェントの担当者が求人の紹介だけでなく履歴書など応募書類の書き方のコツなども教えてくれます。既卒者にとって履歴書はあなたの基本的なプロフィールを伝える、大事な書類ですがエントリーシートとは大きく異なります。

エントリーシートには学歴や活動などあなたのこれまでの過去を書きますが、履歴書にはあなたのプロフィールを伝えるだけでなくあなたが将来に何をしたいかを書きます。そのため履歴書の自己PRと志望動機が、あなたの運命を決めるポイントになると言っても過言ではありません。自己PRと志望動機は企業の人事担当者が必ずと言っていいほどチェックを行う項目で、極端な言い方かもしれませんがこの2つさえしっかりと抑えておけば応募書類が通過する確率は上がります。

もし既卒者の方で履歴書のコツを知りたければこのサイトに掲載されている、就職エージェントに登録されることをお勧めします。就職エージェントの担当者があなたが希望するような求人の紹介だけでなく、応募書類の履歴書の書き方のコツから面接のアドバイスから対策まで全て無料で行ってくれます。

既卒者の社会人スタートは下記の4サイトから!

  サービス名 利用料金 転職エリア 既卒者から
の人気
詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細



TOP

業界別の既卒者求人

既卒者の職探しのFAQ

地域別の既卒求人

職種別の既卒者求人


Copyright (C) 2014 - 2018 既卒者求人ガイド【※既卒の採用情報特集】 All Rights Reserved.