既卒者の求人で公務員になれる?

既卒者求人トップ >> 既卒者の職探しのFAQ >> 既卒者の求人で公務員になれる?

既卒者の求人で公務員になれる?

大卒で公務員試験を受ける人材は大きく分けて3種類に分かれます。すなわち

1新卒
2職歴有既卒
3職歴無既卒


の3種です。これをご理解いただいた上で、今回は横浜市の採用試験を例に、既卒者が公務員になれるのかどうかを解説していきたいと思います。

横浜市では現在、大卒、高卒・免許資格職、社会人、障害者の4種の採用選考を行っています。今回は大卒についてみていきます。 横浜市の平成25年度の大卒試験の受験資格は、保健師と衛生監視員を除いては昭和58年4月2日から平成4年4月1日までに出生した人となっています。つまり、新卒でなくても新卒と同じ枠で受験が受けられるというわけです。

また、大卒枠の受験資格は年齢のみです。職歴があってもなくても、フリーターでも社会人でも受けることができます。既卒で職歴がある人もない人も、とりあえずは平等に扱われます。

さて、公務員の試験というのは大きく分けて筆記試験と面接試験に分けられます。横浜市の事務職の場合は第一次試験が筆記試験、第二次試験は論文と面談、第三次試験は面接となっています。

このうち、筆記試験と論文については既卒・新卒で差がつくことはありません。新卒だろうが既卒だろうが関係なく、テストでいい点を取った人が合格するのです。筆記試験はマーク式が一般的ですが、中には記述式のところもあります。とはいえ、そこまで知識が掘り下げられることはありません。

もしも既卒と新卒で差がつく場所があるとしたら、それは面接試験です。既卒者の面接ではなぜ既卒のまま終わったのかを厳しく問いただされる場合があります。そこをうまく乗り切ることができなければ、合格は難しいでしょう。

とはいえ、必要以上に恐れる必要はありません。公務員試験では既卒者でも面接の内容は新卒とほとんど変わらないことも多いのだそうです。こういった意味では、公務員試験は民間企業の試験と比べてよりフラットな試験と言えるでしょう。中には既卒者であるにもかかわらず、そのことに一切触れられずに面接が進み内定を得た人もいるとか……。

とはいえ、既卒者が公務員試験一本に絞るのはやや危険です。公務員試験は併願も難しいですし、いきなり面接に臨むのはリスクが高い行為です。まずは公務員が本命の場合でも、肩慣らしもかねて民間の面接をいくつか受けて、そこで実力と自信をつけてから本命の公務員の面接に向かうといいでしょう。

既卒者の社会人スタートは下記の4サイトから!

  サービス名 利用料金 転職エリア 既卒者から
の人気
詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細



TOP

業界別の既卒者求人

既卒者の職探しのFAQ

地域別の既卒求人

職種別の既卒者求人


Copyright (C) 2014 - 2018 既卒者求人ガイド【※既卒の採用情報特集】 All Rights Reserved.