既卒者のOB訪問の方法は?

既卒者求人トップ >> 既卒者の職探しのFAQ >> 既卒者のOB訪問の方法は?

既卒者のOB訪問の方法は?

就職活動をするにあたって、OB、OG訪問を行うのは、自分が希望する会社を見つけるためにも選考に通りやすくなるためにも役に立ちます。特に、既卒者が就職活動を行うにあたっては、その重要性が増すでしょう。既卒者になると、どうしても応募枠が狭まってしまいますし、選考基準も厳しくなりますので、より可能性を高めるためにも活用できる手段はしっかりと活用したいものです。

OB訪問を行う目的はいくつかあります。1つは、企業についての情報収集を行うということです。求人情報に出ている内容だけでは、実際の業務内容や仕事の忙しさ、会社内の雰囲気、実際の給料の状況などが分かりづらいものがあります。そこで、実際に働いている先輩方に聞くことで、企業の実情を知ることができるのです。就職してみたら、イメージと違っていたという問題を避けることができますので、働きやすい環境を探すには大変有利です。もう一つの目的としては、採用を有利にするためのコツを聞くことができるというものです。現在、その企業がどんな人材を求めていて、どの分野に力を入れているかを聞くことで、アピールポイントを変えることができます。また、重視する志望動機なども会社の理念などによって変わるものですので、OBにチェックしてもらうのも良いでしょう。

OB訪問をするにあたっては、どの会社にOBがいるかを確認しなくてはなりません。こうした情報は、大学などなら就職支援をしてくれる課で提供してくれるでしょう。個人情報になりますので、すべての該当者について教えてくれるとは限りませんが、協力してくれる旨を表明している人とは、簡単にコンタクトを取れるでしょう。こうしたOBは積極的に情報提供や就職にあたってのアドバイスを与えてくれますので、マナーを守りつつ頼ってみると良いでしょう。最近では、大学などでもOB訪問が就職を有利にするということを知っていますので、きちんとした支援をしてくれる卒業生リストを持っていることが多くなっています。

難しい作業ではありませんので、母校を訪れて情報収集してみることから始めましょう。そのリストの中に、自分が求める業種や会社があるならメモさせてもらって、電話またはメールで連絡を取ることができます。その際には、既卒者であることを伝えて、就職活動中であることを熱意を込めて話すと良いでしょう。OBの協力次第で、有利に就職を進めることができますので、力を入れて行いたいものです。

既卒者の社会人スタートは下記の4サイトから!

  サービス名 利用料金 転職エリア 既卒者から
の人気
詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細



TOP

業界別の既卒者求人

既卒者の職探しのFAQ

地域別の既卒求人

職種別の既卒者求人


Copyright (C) 2014 - 2018 既卒者求人ガイド【※既卒の採用情報特集】 All Rights Reserved.