既卒者で大手企業に入社できる?

既卒者求人トップ >> 既卒者の職探しのFAQ >> 既卒者で大手企業に入社できる?

既卒者で大手企業に入社できる?

結論から言えば、既卒者であろうと新卒者であろうと、特定の条件さえ満たしていれば大企業に入社することは可能です。

まず大事なことは、既卒だからと言ってそのことに負い目を感じる必要などないということ。あなたが既卒だろうが新卒だろうが第二新卒だろうが、別に誰に迷惑をかけてわけじゃありません。まあ、親には多少心配をかけているかもしれませんが、それは企業には関係のないことです。既卒というだけで面接でごちゃごちゃいうような企業は、こちらから願い下げでいいんです。

たとえば、誰もが知っている大手企業のSONYも既卒新卒にこだわらずに採用する姿勢を公言しています。また、その他の大企業もリクルートエージェントなどの転職・就職サイトで積極的に既卒者を受け入れる姿勢を明らかにしており、依然と比べると格段に既卒者には優しい世界になっています。

ただ、大手企業はより良い人材の確保に躍起になっていますから、新卒の時と同じ要領でなんとなく就職活動を続けては内定は難しいでしょう。ここでは既卒者が大手企業から内定を得るためにやるべきことをご説明したいと思います。

まず大事なのが卒業後の実績づくりです。既卒者の面接ではたいていの場合、学生時代のことにはほとんど触れられません。むしろ、大学を卒業後何をしていたのかについて詳しく尋ねられます。この疑問に対して明確に答えられなければ、内定にはたどり着けません。

と言っても、何か特別な経験をしている必要はありません。たとえば、バイトでもOKです。ただバイトをしていた話だけでなく、その職場でどのようなことを学んだのか、どのようなスキルが身についたのかまで話せるようにしておくとなおいいでしょう。ただ、バイトやサークルネタだけでは、若干弱いかな……という気もします。

そこでおすすめしたいのがインターンです。インターンは目に見える実績を作るのに最適です。インターンは、一人でなく組織で行うものなので、自分のやりたいことを具体化することができます。 正直なところ、これを利用しない手はないと思います。組織で活動した経験は面接ではもちろん働き始めてからも大きなプラスになりますし、自信もつきます。

インターンにそんな気持ちで臨んでいいのかと思われるかもしれませんが、それでいいんです。組織は個人が利用するためにあるのです。組織を使って使って使い倒すぐらいの気持ちを持って、就職活動に望んでください。

既卒者の社会人スタートは下記の4サイトから!

  サービス名 利用料金 転職エリア 既卒者から
の人気
詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細



TOP

業界別の既卒者求人

既卒者の職探しのFAQ

地域別の既卒求人

職種別の既卒者求人


Copyright (C) 2014 - 2018 既卒者求人ガイド【※既卒の採用情報特集】 All Rights Reserved.