既卒者とは?定義は?

既卒者求人トップ >> 既卒者の職探しのFAQ >> 既卒者とは?定義は?

既卒者とは?定義は?

大学や専門学校などの高等教育を受けている人が増えている一方、日本国内での就職先が減っている状況にあって、既卒者と呼ばれる人たちが増えています。この既卒者とは、高校や専門学校、大学、大学院などを卒業しているものの、就職ができないでいる人のことを指します。一度でも就職することができた人のことは既卒者とは言わず、第二新卒といった表現を用いています。就職という観点から見ると、学校を出ているのにも関わらず就職がおぼつかない人ということで、既卒者は就職が難しい状況にあります。

既卒者となる理由には様々なものがあると考えられます。単純に、学校卒業後も内定が取れなかったという場合もありますし、内定が取れていくつかの企業には就職できたにも関わらず、公務員になりたいなどの目標を捨てきれず就職を諦めたというケースもあります。その理由にもよりますが、全体的に見ると就職事情は厳しいものがありますので、今まで以上に就職活動に力を入れる必要があるでしょう。というのも、企業側としても新しい人材を求める際には新卒者の中から選ぼうとしますし、中堅クラスの即戦力となる人材を求める際には中途採用という形でキャリアのある人の転職者から選ぶものです。既卒者は、どちらのケースにも当てはまらないちゅうぶらりんの状態ですので、なかなか触手が伸びないのです。

そのため、既卒者となっているのであれば、中堅クラスの中途採用者の枠にいるという観念で就職活動を行うと良いでしょう。そして、スキルアップに力を入れて、資格や専門知識を得る努力をすることが求められます。学歴だけでは新卒者に軍配が上がりますので、より実践的なスキルを身につけるようにしたいものです。また、既卒者だと求人情報サイトなどに登録できないというケースもあります。どうしても既卒者を募集する企業は少ないので、求人会社としても紹介できる仕事が少なくなってしまうからです。そのため、既卒者でもOKという求人サイトを探し、求人の選択肢を増やせるようにしましょう。

少しでも求人の選択肢が多い方が、自分に希望に叶った仕事を見つけやすくなりますし、たくさんの会社に応募することで就職の確率も高まります。正社員としての就職が決まるまでは、アルバイトやパートタイム、派遣社員という形でも構いませんので、仕事の経験を積むことも重要です。そこで身に着けたスキルが役に立つこともありますし、人事担当者側から見ても、無職で通すより仕事への姿勢を感じることができて評価しやすくなるでしょう。

既卒者の社会人スタートは下記の4サイトから!

  サービス名 利用料金 転職エリア 既卒者から
の人気
詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細



TOP

業界別の既卒者求人

既卒者の職探しのFAQ

地域別の既卒求人

職種別の既卒者求人


Copyright (C) 2014 - 2018 既卒者求人ガイド【※既卒の採用情報特集】 All Rights Reserved.