既卒者の成績証明書の重要度は?

既卒者求人トップ >> 既卒者の職探しのFAQ >> 既卒者の成績証明書の重要度は?

既卒者の成績証明書の重要度は?

大学には成績証明書というものがあります。成績証明書にはGPAと呼ばれる成績が記入されています。GPAとは各科目の成績から算出された数値のことです。

Wikipwdiaによれば、GPAは各科目の(単位数×ポイント)の合計÷総単位数(履修登録単位の総数)で計算されます。私の大学でも成績証明書の発行がありましたが、その数値は3.04でした。この数値は高ければ高いほどよく、最高で4.00です。

さて、この成績証明書ですが、以前は既卒・新卒にかかわらずあまり重視されませんでした。企業も人物重視の名のもとに成績を軽視する評価を進めていたため、学生時代の成績が評価されることはほぼなかったのですね。私も就職活動しているときに成績を重視されているようには感じませんでした。大学の就職説明会でも「勉強以外で頑張ったことをアピールしなければならない」と何度も教えられてきました。

しかし、最近はこのような就職活動の傾向に変化がみられるようになりました。三菱商事などの大手企業は、2015年度より採用に従来のエントリーシートだけでなく、学業成績の提出も求めるようになりました。これは企業が人物重視から大学成績重視にシフトしていることの証左です。

そもそも大学の成績と社会人としての能力にどこまで関連性があるかは不明ですが、企業側がこのような動きを見せたということは、多くの企業は成績の良かった学生を取るほうが後々有益であると考えているのでしょう。

コロコロ採用基準を変えられるのは大学生側にとってはたまったもんじゃありませんが、採用基準が明確になったのはいいことです。少なくとも今学生である人たちは、勉強を頑張ればいいということがわかってよかったはずです。

とはいえ、既卒者にはこのことはあまり関係ない話なのかも知れません。何しろもう大学は出ちゃっているわけですから、今更大学の成績を何とかするなんてどうあがいたって不可能です。学生時代にいい成績を取っていた既卒者にとっては今回の企業側の立場の変化は望ましいことですが、成績が良くなかった学生にとっては自業自得とはいえ望ましくないことです。

しかし、大企業がこうした動きを見せているにもかかわらず、多くの中小企業は依然として人物重視の採用をしているようです。人物重視の試験とは要するに主観的な試験であるため、人に気に入られるのがうまい人に有利になっています。学生時代の成績に自信がないという方は、こちらを狙うといいでしょう。

既卒者の社会人スタートは下記の4サイトから!

  サービス名 利用料金 転職エリア 既卒者から
の人気
詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細



TOP

業界別の既卒者求人

既卒者の職探しのFAQ

地域別の既卒求人

職種別の既卒者求人


Copyright (C) 2014 - 2018 既卒者求人ガイド【※既卒の採用情報特集】 All Rights Reserved.