既卒者を積極採用する業界はある?

既卒者求人トップ >> 既卒者の職探しのFAQ >> 既卒者を積極採用する業界はある?

既卒者を積極採用する業界はある?

既卒者を積極採用する業界としては航空業界がありますが航空業界も一時期は、景気の低迷や2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロや、同じ時期のSARS問題で採用を控えていました。日本を代表する航空会社のJALやANAなどでも経営状況が苦しく、2003年や2004年の客室乗務員の採用は見送っています。それが2005年から変化が見られANAでは2005年には、650人の採用を行い翌年にも同程度の人数を採用しました。1990年代の後半には毎年900人近い人数を、採用をしていたANAですから業績を回復しつつある兆しが見られました。

国内の航空会社の中で最大規模の国際線と乗客数を誇るJALですが、2010年1月19日に東京地裁に会社更生法の適用を申請しました。同年11月30日には東京地裁が更生計画案を認可し、同年12月31日にはリストラが実施されました。しかし2011年3月28日には会社更生も終了し、再び民間企業に復帰しANAと共に客室乗務員の採用を開始しました。近年はJALやANAでは既卒者を契約社員として採用し、3年後にもし本人が希望すれば正社員として雇用しています。特にANAでは2014年度の春からは約6000人の客室乗務員のうち、これまでは1600人は契約社員でしたが全て正社員とすることを決め実施しました。

航空業界の他にも政府の経済政策「アベノミクス」で大型の、公共事業予算が組まれた建設業界も既卒者を積極的に採用しています。建設業界ではこの他にも2020年開催予定の東京オリンピックや、2027年の開業を目指すリニア中央新幹線の建設などが追い風となり深刻な人手不足に陥っています。これまでは新卒採用を控えていた建設業界も積極的に、新卒採用を始めましたがなかなか応募者が集まらないのが現状です。そのためこのサイトに掲載されているリクルートエージェントやマイナビエージェントなどの、就職エージェントにも建設業界の「既卒者歓迎」の求人が目立っています。

この他にも新聞社やテレビなどのマスコミ業界でも既卒者が応募できる求人が増えていて、新聞社の中には30歳までの既卒者の方は新卒採用と同じ条件で応募できる求人案件もあります。もし既卒者の方で就職活動に苦戦されている方は迷わずに、このサイトに掲載されている就職エージェントに登録されることをお勧めします。就職エージェントの担当者が既卒者を積極採用する企業の求人を紹介してくれ、社会人として職歴がない既卒者の方ために、応募書類の添削から面接の指導まで全て無料で行ってくれます。

既卒者の社会人スタートは下記の4サイトから!

  サービス名 利用料金 転職エリア 既卒者から
の人気
詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細



TOP

業界別の既卒者求人

既卒者の職探しのFAQ

地域別の既卒求人

職種別の既卒者求人


Copyright (C) 2014 - 2018 既卒者求人ガイド【※既卒の採用情報特集】 All Rights Reserved.