広報の既卒求人

既卒者求人トップ >> 職種別の既卒者求人 >> 広報

広報の既卒求人

広報の仕事は、自社の商品やサービスを多くの人に知ってもらい、ブランドイメージを高めるためにPRすることです。PRとは日本語に訳せば「広報」に当たる「Public Relations」という英語の頭文字を取ったものであり、広報は、企業と世の中の人々とをつなぐ役割があります。

広報という部門はたいていの企業で必要とされていますが、正式なポジションとして確立されているのは一定以上の規模となる企業のみです。中小企業となると、総務など他の部門のスタッフが兼任しているところがほとんどなので、広報そのものの求人はそれほど多いとはいえません。また、大企業であっても広報に配属される人数はごく限られていることから、新卒で入社した場合でも広報を希望したところですぐに配属されることは極めてまれです。たいていは、総合職として採用後、まずは総務などに配属されてから、本人の希望や適性などを見極めて広報に配属されるというケースが多く見られます。そのため、アルバイトなどでの経験もない場合は、既卒でいきなり広報を目指すのは少し無謀といえるかもしれません。

広報の仕事は、会社案内を制作したりテレビなどのメディア対応をしたりする他、社員や株主にも情報を発信していきます。また、会社に何らかのトラブルが発生して多くの人に関わることがあると、会社の窓口となって対応していかなければなりません。広報になるのに必要な資格も学歴も特にありませんが、このような仕事内容を考えると高いコミュニケーション能力が必要とされることは容易に想像がつくことでしょう。人と関わることが好きで、対外的な活動を積極的に行っている人が採用されやすい傾向にあります。

既卒で広報を目指すのであれば、大企業よりも中小規模のベンチャー企業などの求人を探してみるのも良い方法です。これから大きくなっていく可能性を秘めた企業であれば、広報の経験があるというよりは、より多くの仕事をこなせる人の方が有利になりがちだからです。面接では、多くの人と関わって学んできたことや、多少のことではへこたれないタフな精神力、ほとばしる熱意をアピールすると良いでしょう。

とはいえ、ベンチャー企業などでも、何もかもが未経験という人よりは何か一つでも強みのある人が採用されやすいものです。特に広報という仕事柄、マーケティングなどの知識があると採用担当者の目に留まりやすくなるので、勉強することは大事です。他にも、まずは総務として経験を積んでから広報の求人を探すというのも一つの方法といえるのではないでしょうか。

既卒者の社会人スタートは下記の4サイトから!

  サービス名 利用料金 転職エリア 既卒者から
の人気
詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細



TOP

業界別の既卒者求人

既卒者の職探しのFAQ

地域別の既卒求人

職種別の既卒者求人


Copyright (C) 2014 - 2018 既卒者求人ガイド【※既卒の採用情報特集】 All Rights Reserved.