経営企画の既卒求人

既卒者求人トップ >> 職種別の既卒者求人 >> 経営企画

経営企画の既卒求人

経営企画の仕事は、企業の中では非常に重要なポジションです。企業において経営企画とは社の命運のかかった重大な策定であり、担当となったからにはそのような重大事項を決めて進捗管理していかなくてはならないのです。他の事業部門とも関わりながら作戦を考え、時には大きく見直しをしながら進行させていきます。経営企画は、このような重大な部分であるため、経験がほとんどない既卒者に向けた求人はあまりないというのが現状です。

経営企画で活躍している人の多くは、学生時代には経済学部や商学部、経営学部などで基礎的なことを学んできています。経営企画を推進するためにもっとも大切ともいわれるのはデータ分析力です。これらの学部では、財務会計や管理会計などの会計学、また、統計学などでデータ分析力を養うことができます。既卒者でも、このような基礎的な事柄が身に付いているのであれば、採用の道が開けてくることもあるでしょう。

また、MBA(経営学修士)や中小企業診断士といった資格を取得している既卒者にはさらに門戸が開かれるに違いありません。しかし、それでもいきなり経営企画に抜擢されることは難しいので、まずは配属された部門で与えられた仕事に真摯に取り組んで結果を出していくしかないでしょう。その傍ら、新規で事業を立ち上げるような時にメンバーとなるチャンスがあれば、そこで経験を積み上げていくのです。そうした後にはじめて、経営企画という仕事に就くチャンスもめぐってくるでしょう。

既卒者と一口にいっても、卒業してからどのくらい年数が経っているかで大きな違いが出てきます。採用する側としては、どうせ同じ既卒なら少しでも新卒に近い状態の人を採用したいと考えるものだからです。目安としては、卒業後2年または3年というのが限度です。既卒者で経営企画の仕事を目指すのであれば尚のこと、1日でも早く就職活動をスタートさせなければなりません。必要な学歴があるのなら、それを最大限にアビールしてライバルに差を付ける必要があります。見事、採用を勝ち取った後にもすぐに経営企画に配属される可能性は低いですが、前述のように経験を積んで好機が到来するのを待ちましょう。

日本は今後ますます高齢化が進み人口は減少していくと予想されていますから、企業の海外進出は今後も増えていくでしょう。これを考えると経営企画の仕事にも英語は不可欠です。就職活動と並行して、語学力にも磨きをかけておくことが望まれます。

既卒者の社会人スタートは下記の4サイトから!

  サービス名 利用料金 転職エリア 既卒者から
の人気
詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細



TOP

業界別の既卒者求人

既卒者の職探しのFAQ

地域別の既卒求人

職種別の既卒者求人


Copyright (C) 2014 - 2018 既卒者求人ガイド【※既卒の採用情報特集】 All Rights Reserved.